手相占いとは|九星気学では性格や運勢を知ることができる【様々な占いをチェック】

手相占いとは

手

有名な手相占い

占いの中でも手相占いを聞いたことある人は多いでしょう。手相占いを科学的に証明しようという研究を進めている人もいますが、あくまでも占いであることを忘れてはいけません。しかし、占い行なうことで自分自身の日常生活を見直すことができるのです。改めて自分の性格や生き方を振り返ることで、今後の人生にプラスになるように行動を始めることができます。

ほくろの位置をみる

手相だけでは無く、手のほくろにも意味があると言われています。手のひらの生命線や運命線などの線のどこにほくが近いかを見て、それがどのような意味を現わしているのかを占う方法になります。例えば、生命線に近い位置にほくろがあった場合には、健康に注意しましょうという意味だと言われています。

自分を振り返るツールとして

また、ほくろの色で判断する方法もあります。ほくろにも活きぼくろと死にぼくろがあると言われています。活きぼくろは黒色で色がはっきりしているほくろです。一方、死にぼくろは色が薄れており茶色っぽい色をしています。エネルギーが停滞していると診断された場合は、自分の生活を振り返ってみましょう。そして、占いで一喜一憂するのではなく、注意が必要だと気づけたことに感謝し、それを踏まえた行動をすることが大切です。自分を振り返るツールとして利用しましょう。

左右の手相の意味を比較しよう

左手の手相

左手の手相は、先天的な意味を表していると言われています。つまり、本来の性格や生まれ持った才能を占うことができます。左手は直観などの精神性のある働きを司る右脳の影響を受けると言われています。左手を見ることで、現在の精神状態を見ることができます。

右手の手相

一方、右手の手相は、後天的な意味を現わしていると言われています。成長とともに変わる手相だとされており、生きていく中で備わっていく性質が現れます。右手は理論的な左脳が影響するので、物理的な状況を占うことができると言われています。

広告募集中